テレクラはまだ生きています!

jytydテレクラという言葉を聞いてどういうことをするのか知っている人もいるのではないでしょうか。テレクラと言うのは電話を使って出会いを求めるもので、店舗型と無店舗型の2種類があります。テレクラと言えば昔流行ったものだなと言う印象を受ける人もいますが、実際のところはどうなのでしょうか。

テレクラは古くからあるシステム

テレクラとはテレフォンクラブの略で、異性同士が電話を掛けることによって出会いに結びつけるという仕組みです。電話でお互いが合意をすることができればすぐに出会うことができるわけで、さらに進んでいけばセックスに結びつけることができます。
テレクラという仕組みができたのが1985年と言われています。このころは携帯電話がありませんので店舗型テレクラを利用するのが一般的で、個室ボックス内に待機してかかってきたら1対1で会話をしていきます。男性は店舗で待てばいいわけですが、女性は自宅もしくは公衆電話でかけないといけないので、なかなかハードルが高いです。
現在店舗型は以前に比べて下火になっており、それに代わって無店舗型が盛んになってきています。店舗型であればかかってきた電話を取れば異性と話すことができるわけですが、無店舗型であれば自分でそのサイトに電話を掛ける必要が出てきます。

店舗型に関しては衰退の一途をたどっている

trhts
店舗型と言うのは風俗に行くのと同様に店舗に行って、個室に入った時に電話がかかってきた場合に女性と会話をすることができるものです。昔流行った頃のテレクラと言えばこのような店舗型のタイプが多かったですが、規制が強まったことと風俗遊びの多様化、携帯電話の普及などによって衰退の一途をたどっています。現在では関東や関西にあるリンリンハウスと呼ばれるチェーン店でしか見られなくなってきています。
店舗型はわざわざ店に行くことによって女性との出会いを求めるものです。料金は2ショットダイヤルと呼ばれる無店舗型に比べると安く利用をすることが可能で、もっとお得に利用できるような料金設定もあります。料金さえ支払えばテレビやパソコンを見たり、ドリンクバーを利用するなどの楽しみ方ができますので、ネットカフェと似たような感じで出会いを求めることも可能です。

無店舗型は自宅からでも利用が可能

現在のテレクラと言ったら2ショットダイヤルと呼ばれる無店舗型のものがほとんどではないでしょうか。無店舗型と言うのはもちろん店舗を持っているわけではなく、ネットを使ってそういう仕組みを整えている業者が行っています。この場合はわざわざ店舗に通う必要はなく、スマホなどの携帯電話や自宅の電話から利用をすることが可能です。
店舗があったとしても恥ずかしかったり見られるのが嫌で通えなかったりと言う人もいたわけですが、そういう人たちであっても自宅などから利用することができますので、都合がいい時に利用をすることが可能です。無店舗型のテレクラは以前あった店舗型の仕組みをいい意味で取りいれていますので、出会い系サイトよりも出会えるということで再びテレクラがブームになりつつあります。女性に出会えるという評判から、男性の利用も増えてきています。

テレクラは形を変えて生きている

テレクラの一般形は店舗型なわけですが、その店舗型はどんどん消えて行っています。店舗型に代わって増えてきているのが無店舗型です。いつの時代にもテレクラに関する需要は一定の割合ありますので、未だに形を変えて増えてきているわけです。

Wgat's New

アーカイブ

ページ上に戻る